日本政策金融公庫の融資の利用法


ウソの事業計画書で融資を申し込もうとする人

日本政策金融公庫の融資の利用法>ウソの事業計画書で融資を申し込もうとする人

ウソの事業計画書で融資を申し込もうとする人

けっこう多いのが融資を考えている人でウソの事業計画をでっち上げて申込みをする人です。

基本的にこのような形で融資を申し込んでも良い結果にはならないでしょう。
日本政策金融公庫は事前に事実関係をしっかり確認してきますし、仮に融資を受けられたとしても、後で必ずチェックが入ります。

購入する予定であった設備を購入しなかったり、資金の使用使途が事業計画書と違っていたら後でお金を返さなければいけない場合がでてきます。

仮にウソの事業計画で利益がでていたとしても融資金の返還請求をされる可能性は高いでしょう。
日本政策金融公庫は営利目的で貸付をしているわけではないので、ウソをつくような事業者には貸したくない、というわけです。

ウソをついてもわからない程度のものであれば大丈夫と考える人もいるようですが、それも同じことだと思います。

「この程度の小さなウソであれば問題ないだろう。むしろ事業計画書をよく見せるためには必要なのではないか。」
と安易に考えて融資を申し込もうとする人も意外と多いのです。
しかし、はっきりと事実確認のとれない事は事実と認めてもらえない可能性が高いのです。

しっかりとした証拠資料を見せることができればよいのですが、そういった資料を見せられない以上、ウソをついているのではないかと相手から疑われてしまいますので損になる可能性が高いのです。


融資を否決されてしまう人に多いパターンでしっかりとした事業計画書を提出していないのに面談の場で「必ず儲かります」ということを何度も口にしてしまうケースです。

儲けること自体、けっして悪いことではありませんが、その根拠をしっかり資料などで示していないにもかかわらず、そのような事を何度も言ってしまうのは、相手の立場から見ると信憑性に欠けます。

本当に稼ぐ自信があるのならば資料などでその証拠を見せてほしいということです。
それを示せない以上本当の事として受け取ってもらえないのです。





お問い合わせ先:
湊(ミナト)行政書士事務所

資金調達の湊行政書士事務所
TEL:050ー1238ー8526
所在地:東京キ西東京市南町3−13−2−103
(西武新宿線田無駅から徒歩10分)

管理者紹介

日本政策金融公庫の国民生活事業とは?

日本政策金融公庫の融資を成功させるためには?

日本政策金融公庫Q&A

こんな人は日本政策金融公庫から嫌がられる

事業別の事業計画書の書き方

湊(ミナト)行政書士事務所の運営サイト


※当サイトは日本政策金融公庫とは一切関係がございません
※サイト内の建物画像と日本政策金融公庫とは一切関係がございません
※当サイトの内容は運営者の知識・経験から得られたものであり、融資を保証するものではありません。