日本政策金融公庫の融資の利用法


日本政策金融公庫Q&A:借入の難易度について

日本政策金融公庫の融資の利用法>日本政策金融公庫から借りるのは簡単ですか?

日本政策金融公庫から借りるのは簡単ですか?

日本政策金融公庫の融資を検討している方からの相談で多いのが、借入の難易度についての質問です。

難易度がどの程度なのか、ということは結構多くの方が気にされています。
この難易度についての質問は難しい質問で、明確に答えることはできないのが正直なところです。

というのも借入の難易度は人によって全く異なってくるからです。
例えば、実績もしっかりあって事業計画書もほぼ完璧な人であれば、融資を受けることはそれほど難しくないかもしれません。

そういった人は銀行も融資してくれますし、日本政策金融公庫の方も大事なお客さんとしてしっかりつかまえにきますから、融資を引き出すのは難しくないと思います。

しかし、実績も無く、事業計画も無い人が融資を受けようとするのはかなり大変だと思います。
まったく融資を受けられない可能性は高いと思います。

また、実績は無いけれども事業計画は完璧な人もいると思います。
そういう人は微妙な所ですが事業計画の内容を見て実現可能性が高ければ融資を受けられると思います。

実績が無くても融資が受けられる場合がありますが、実績が無い人に貸すのはかなりリスクのある融資になります。貸す方も慎重に審査をして融資するかどうか決めるのです。

特に日本政策金融公庫は人を見て貸す、というところが根底にあります。
ですのでこういった場合、申請者の人柄やこれまでの経歴などを見て貸しても大丈夫な人かどうか見極めて判断しますので、本当の意味で人によって融資の結果は異なってくるのです。

日頃からしっかり貯金をしていて、時間をかけて事業を始める準備をしていれば本気で事業をやっていこうという本気度が相手に伝わります。

こういった人であれば事業計画次第で融資可能というわけです。


ただ、日本政策金融公庫は銀行などの民間の金融機関と違って事業実績の無い新規事業者にも融資してくれますし、赤字経営の会社でも事業計画書次第で融資してくれますので、銀行よりは融資を引き出しやすいのは事実です。

その意味では民間の金融機関よりは融資が受けやすいのは事実でしょう。

しかし、いざ融資の申込みをしようとすると用意しなければいけない書類や資料がたくさん必要になります。事業計画書などもしっかりとしたものを用意しなければいけません。

銀行などの民間の金融機関は決算書の内容を見て、融資するかどうか決めますので、割と審査のスピードは早いでしょう。決算が良ければ融資は受けられますし、悪ければ難しいでしょう。

決算書の内容がよければ事業計画書なども必要なく融資してくれる場合がありますので非常に簡単かもしれません。

日本政策金融公庫はいくら決算状況が良くてもしっかりとした事業計画書が必要になってきますので、その分面倒な作業がでてくるのです。

そういった意味では日本政策金融公庫の融資は民間の金融機関からの借入よりも面倒で手間のかかる作業といえるでしょう。

日本政策金融公庫は新規事業者や赤字の会社へも門を開いていますが、融資を受けるために必要となる書類(事業計画書など)をしっかりと作らなければいけません。

事業計画書の作成など手続が面倒な分、借入は簡単ではないと言えるかもしれません。
ですので借入の難易度は見方によっても違ってくるのです。


以上のようなことを踏まえて考えると、銀行から融資を受けられる事業者であればしっかりとした事業計画書を作れば日本政策金融公庫からも融資を受けられる可能性は高いといえます。

銀行から融資が受けられない事業者(新規事業者、赤字会社など)でもしっかりとした事業計画書を作り人物面で認めてもらえれば借りられる可能性が高いといえるでしょう。





お問い合わせ先:
湊(ミナト)行政書士事務所

資金調達の湊行政書士事務所
TEL:050ー1238ー8526
所在地:東京キ西東京市南町3−13−2−103
(西武新宿線田無駅から徒歩10分)

管理者紹介

日本政策金融公庫の国民生活事業とは?

日本政策金融公庫の融資を成功させるためには?

日本政策金融公庫Q&A

こんな人は日本政策金融公庫から嫌がられる

事業別の事業計画書の書き方

湊(ミナト)行政書士事務所の運営サイト


※当サイトは日本政策金融公庫とは一切関係がございません
※サイト内の建物画像と日本政策金融公庫とは一切関係がございません
※当サイトの内容は運営者の知識・経験から得られたものであり、融資を保証するものではありません。