日本政策金融公庫の融資の利用法


外国人が融資申請する場合は?

日本政策金融公庫の融資の利用法>外国人が融資申請する場合は?

投資・経営ビザを取得していれば大丈夫!

日本政策金融公庫の融資の申込んで借入を受けることは当然、外国人の方もできます。
日本で起業を考えている外国人の方も日本人同様、必要書類を揃えて融資要件さえクリアーしていれば申込みができます。

ただ、1つ注意しておかなければいけないのが、ビザの関係です。
外国人の方が日本に入国する場合、なんらかのビザを取得する必要があります。

ビザの種類にはいろいろあり取得するビザによって活動内容が制限されてきます。
ここではビザの詳しい説明については省略させていただきますが、もし、日本政策金融公庫へ融資の申込みをする場合はどのようなビザが必要なのでしょうか?

結論からいうと、投資・経営ビザを取得していれば申込みはできます。
投資・経営ビザは外国人が日本国内で起業する際、必要になってくるビザです。

ですので、現在日本において会社を経営している外国人の方はほとんど投資・経営ビザを取得されていると思います。

ほとんど、というのは中には経営や管理の部分にだけたずさわり、投資をしていない場合、必ずしも投資・経営ビザが必要でない場合があります。

ですので、会社経営をしている外国人の方でも投資・経営ビザを取得していない人もいるのです。
ここでは詳しい説明は省きますが、とりあえずは投資・経営ビザを取得していれば日本政策金融公庫へ申込みはできるということです。

投資・経営ビザを取得していれば外国人の方も事業計画次第で融資を受けられるのです。

では投資・経営ビザを取得していない外国人は方はどうなのでしょうか?
この場合は結論からいうとケースバイケースというのが正直な所だと思います。

日本政策金融公庫の方で個別に外国人の方と相談をして案件ごとに決めていく、という所だと思います。
というのも、そもそも投資・経営ビザ自体それほど簡単にとれるビザではないということです。

投資・経営ビザは会社設立をした後取得するものですが、会社を作ったからといって誰でも簡単に取得できるものではないのです。

投資・経営ビザを取得するには資本金の額や従業員数、事業規模、出資比率などざまざまな要件をクリアーして初めて取得できるものなのです。

取得するには事業内容を確認するために事業計画書の提出も求められます。
事業内容や事業規模、また資本金の額など細かい部分まで要件があるので、会社を設立しただけでは簡単には取得できないのです。

また、営業許可が必要な業種は事前に取得しておかなければビザの許可はおりません。
店舗が必要な業種であれば内装なども整えて店舗も事前に構えておかなければいけません。

つまり、事業内容や事業規模、店舗経営の場合店舗も構えて必要な営業許可など取得して明日からでもすぐに営業できる体制を整えて、その後でビザ取得の申請を出すのです。

それだけの準備を事前にしておかなければビザの許可がおりないので、それだけ難易度の高いビザであるということです。

ですので、日本政策金融公庫の方でも投資・経営ビザを取得していない外国人の方に融資をするのは大変リスクの高い話しであるということです。

融資は出来てもビザの許可がおりないという可能性は十分考えられますので、その当たりのリスクを考えているのではないかと思います。

ですので日本政策金融公庫へ融資の申込みを考えている外国人の方はとりあえず事前に投資・経営ビザを取得しておくことが大事かと思います。

とりあえず会社を作って、必要な要件を満たして投資・経営ビザを取得して、その後で融資の申込みをすることがよいのではないかと思います。




お問い合わせ先:
湊(ミナト)行政書士事務所

資金調達の湊行政書士事務所
TEL:050ー1238ー8526
所在地:東京キ西東京市南町3−13−2−103
(西武新宿線田無駅から徒歩10分)

管理者紹介

日本政策金融公庫の国民生活事業とは?

日本政策金融公庫の融資を成功させるためには?

日本政策金融公庫Q&A

こんな人は日本政策金融公庫から嫌がられる

事業別の事業計画書の書き方

湊(ミナト)行政書士事務所の運営サイト


※当サイトは日本政策金融公庫とは一切関係がございません
※サイト内の建物画像と日本政策金融公庫とは一切関係がございません
※当サイトの内容は運営者の知識・経験から得られたものであり、融資を保証するものではありません。